第1回クラウドコンピューティング職種全国大会

第1回クラウドコンピューティング職種全国大会 実施案内

1.目的

第1回クラウドコンピューティング職種全国大会 (以下、全国大会)は、日本国内において技能五輪国際大会を目指す選手強化を目的として実施する。また、全国大会を実施することにより、クラウドコンピューティング技術者を目指す若者に技能競技を通じた技能を向上させるための目標の付与と、若年技能者の裾野の拡大を図る。

2.主催

クラウドコンピューティング職種分科会

3.協力

アマゾン ウェブ サービス

4.開催日程

2021年1月23日 (土) オンライン開催

5.競技内容

AWS GameDay環境を用いた競技とする。

6.競技会場

オンライン開催のため「7.競技準備」に従って各自で参加環境をご準備ください。

7.競技準備

参加者各自でご用意いただく環境
●競技環境 (Worldskills Kazan 2019に準拠)
ブラウザ:Mozilla Firefox (今回はGoogle Chromeの利用も可)
ソースコードエディタ:Notepad++
リモートログオンクライアント:PuTTY
ファイルアーカイバ:7-ZIP

その他、用意は必須ではありませんが、AWS CLI等のCLI ツールを使う場合は、予めインストールまたはソフトウェアのインストールが可能な環境をご用意ください。

●オンライン開催環境
コミュニケーションツール:Zoom,Slack
安定したインターネット通信が利用できる回線
(最低5Mbpsの通信速度を安定して維持できること)
Slack:参加申し込み後に事前登録していただき利用できることを確認します。
Zoom:当日までにミーティングテストを実施し利用できることを確認します。
Webカメラ:フェアな競技実施を行うために、参加者自身の顔が映る位置で常にWebカメラをオンにした状態で競技を行ってください。
マイク:フェアな競技実施を行うために、常にマイクをオンにした状態で競技を行ってください。

8.全国大会参加資格

全国大会の参加資格は、次のいずれにも該当する者に与えるものとする。

  1. 全国大会当日時点で日本国籍を有している者であること。
  2. 過去に技能五輪国際大会に出場したことがない者であること。
  3. 2022年に延期された第46回技能五輪国際大会 上海大会の開催年である令和4年(2022年)に26歳以下(平成8年(1996年)1月1日以降に生まれた者)であること。

    参加申込はこちらからお願いします。(参加申込期限:2021年1月15日(金) 17:00まで)

9.参加選手数等

競技環境の都合上、全国大会参加選手数は最大40名とする。40名を超える申し込みがあった場合は、以下の制限により参加人数を調整いたします。

  1. 参加申込の先着順とする。
  2. 第46回技能五輪国際大会 上海大会への参加希望者を優先とする。
  3. 各施設2名を上限とする。
  4. 2020年8月29日 (土)に開催した第1回プレ大会参加者を優先とする。

10.参加費

全国大会への参加は無償とする。

11.表彰、順位の公表及び上位入賞者

参加選手の順位は、クラウドコンピューティング職種公式サイトに掲載する。
また、全国大会の上位入賞者かつ国際大会参加を希望する選手については、分科会がクラウドコンピューティング職種強化選手(最大3名)に指名する。強化選手に指名された者は、JAVADA及び分科会等が主催する技能五輪国際大会に向けた研修・強化訓練への参加について、分科会からの推薦による参加の場合に限り分科会からの費用負担で参加できるものとする。

12.全国大会に影響する事態が発生した際の対応等

  1. 全国大会開催に影響を及ぼし得る事態が発生した場合、日程変更や全国大会開催の可否については、クラウドコンピューティング職種公式サイトに掲載することにより周知することとしている。また、全国大会が開催された場合も、競技を安全に実施できないと判断した場合、開催途中で競技を中止する場合がある。
  2. 全国大会はオンライン開催する都合上、新型コロナウイルス感染症への感染防止対策を含めて、競技における安全性の確保等は、参加者所属組織における対策等に基づき、参加者自身で対応すること。

13.その他

全国大会に関する情報は、クラウドコンピューティング職種公式サイトに順次掲載するものとする。